事故に遭う夢の意味を診断します。

  • 2020年10月28日
  • 2020年10月28日
  • 未分類

交通事故や自然災害など事故に遭う夢を見たときは、どこか晴れない気持ちになりますよね。事故に遭う夢は予知夢として言われることはほとんどありませんが、夢占いから見ると、このような夢は自分の過去に後悔し自身を責める気持ちから見る夢だと解釈されます。具体的に「事故に遭う」夢の持つ意味を見ていきましょう。

・「事故に遭う」夢の良い意味
交通事故などに遭い死ぬ夢を見たことがある人は少なくないのではないでしょうか。
一般的には「死ぬ」という事は不吉なことや悲しいことを連想させます。しかし、夢占いの観点からは「死ぬ」という事は自分の殻を破り、新しい自分へ生まれ変わることを暗示しており、吉夢とされます。事故で死ぬ夢を見たときは新しい自分へ生まれ変わるチャンスであると捉えていいでしょう。

・「事故に遭う」夢の悪い意味
事故に遭う夢は、普段自身が抱えている不安や焦り、罪悪感から自分自身に罰を与えているという意味があるそうです。抱え込んでしまう性格だと余計に追い詰められて大きくなった不安な気持ちが事故に遭う夢として表れやすくなります。現状だと先を急ぎすぎているという暗示もありますので、一度立ち止まって余裕を持った行動を心がけると良いでしょう。

・まとめ
事故に遭う夢は自分の後悔や罪悪感から見る夢です。不安な気持ちや焦りから大胆な行動を起こすのではなく、意識的に余裕を持った行動を行うと事態が好転します。事故によって死ぬ夢を見たら、今取り組んでいることが新しい自分へ生まれ変わる チャンスだと思っていいでしょう。

最新情報をチェックしよう!

未分類の最新記事8件

>夢占い辞典 あなたが見た夢の意味がズバリわかります

夢占い辞典 あなたが見た夢の意味がズバリわかります

「共通エリア設定」 → 「フッタートップエリア設定CTA」 → 「フッターCTAの表示設定」で変更できます。

CTR IMG