猫の夢が持っている意味とは?

  • 2020年10月6日
  • 2020年10月25日
  • 未分類

猫の夢では、猫がどんな行動をしているか・どんな状態になっているかで意味が大きく変わってきます。猫は愛らしくたくさんの人の目を楽しませるため、猫の夢を見たときに幸せな気分になる人も少なくないでしょう。

しかし猫の夢は時に、悪い意味を持つこともあります。猫の夢がどんな意味を持っているのか?知っていきましょう。

「猫」の夢が持っている良い意味

夢の中で猫が穏やかそうなら、幸福がやってくる可能性があります。猫は厄を祓い幸福を呼び込むとして、人々から頼りにされてきました。そんな猫が穏やかに過ごしているなら、何か良いことが起こる予兆かもしれません。

夢に猫が現れたときに、心が幸福感で満たされましたか。嫌な気持ちにならなかったなら、それほど問題にはなりません。

猫を撫でている・猫を抱っこしているなど、幸せな気持ちになる夢を見たら「良いことがあるかも」とワクワクした気持ちで過ごしてみてください。

猫」の夢が持っている悪い意味

猫が自分から離れていく・猫に危害を加えるなど、幸福感を感じられない夢を見たときは注意が必要です。猫は良くも悪くも見た人の心の象徴であるとされています。

そのため猫に悪いことが起こるのは、知らず知らずのうちに心に不安やストレスを感じている可能性があるのです。たとえば猫が脱走する夢は、恋人が自分の元から離れてしまうと感じている。

猫に噛みつかれるのは、人間関係のトラブルを抱えているのかもしれません。猫の夢を見たときは、猫がどんな様子だったのか?すぐに思い出せるようにしておきましょう。

「猫」の夢のまとめ

猫の夢を見たときは、自分が猫に対してどんな感情を抱いているのか?注目すると意味が分かりやすくなります。

猫が自分に寄り添ってくれる存在と感じているなら、猫が起こした行動は自分が望んでいることである可能性があります。

また大切な猫に危害を加える(加えようとしている)夢を見たなら、前に進みたいという向上心からの行動である場合が考えられます。あなたにとって猫はどんな存在でしょうか。

夢に猫が出てきたときは、自分の深層心理を知るチャンスです。夢に出てきた猫の状態・行動をメモに残してみてはいかがでしょうか。

夢の中の猫は状態が変わったり、異なる行動を取ったりと見るたびに違った様子を見せるかもしれません。

そんなときは、あなたの深層心理に変化が生じている可能性があります。猫の夢と向き合って、自分の気持ちを知ってみませんか。

最新情報をチェックしよう!

未分類の最新記事8件

>夢占い辞典 あなたが見た夢の意味がズバリわかります

夢占い辞典 あなたが見た夢の意味がズバリわかります

「共通エリア設定」 → 「フッタートップエリア設定CTA」 → 「フッターCTAの表示設定」で変更できます。

CTR IMG